シンプルでわかりやすい!インデックス型投資

インデックス型投資は、日経平均225やダウ指数など市場の動きを表すインデックスと連動した動きを目指して運用することです。世界には1万種類以上のインデックスがあり、債権や不動産、商品などのトレンドが分かります。この投資方法で大切なのはどのインデックスを選ぶかです。どのインデックスに投資するかで利益が変わります。市場の平均値を上回る動きを目指すのをアクティブ投資と呼びますが、それと比べると手数料の安さが魅力的です。インデックスファンドの手数料はアクティブファンドより安く、販売手数料が0円で、信託報酬は年率0.25%~0.7%が一般的です。国や時期により多少のばらつきはありますが、50%~70%の割合でインデックスファンドの方がアクティブファンドに買っています。全ての投資家たちの平均値を上回ることはほとんど不可能ですが、平均値であれば人間が考えることは偏りが生じるので実現しやすいです。良いファンドを見つけるためにポートフォリオや売買を分析するのがアクティブ投資です。注目するべき指標や具体的な戦略、銘柄の絞込みなどを深く考えなくて良いので、インデックスはシンプルな運用ができるとされます。事前にインデックスでは運用ルールを公開しているので慣れていない人も基準が分かりやすいです。しかし初心者が根拠もなしに集中的に投資を行うと、大きな失敗をすることがあります。そこでローリスクローリターンの分散型を選ぶことで、起こりうる様々なリスクに備えることができます。それでも2000年4月には日経平均の銘柄入れ替えが行われたことで、10%以上マイナスとなりインデックス投資家が大損したことがあったので、リスクはあることを把握しておきます。

自分で色々やりたい!アクティブ型投資

株式投資においては、代表的な株価指数などに連動させるインデックス型と個別銘柄を選んで集中投資をするアクティブ型に分かれます。インデックス型の運用では、指数に連動する投資信託やETFを購入することによって、市場平均並みのパフォーマンスを狙うことになります。しかし、インデックス型の投資では物足りなく、自分でも色々とやりたい場合にはアクティブ型を選ぶことになってきます。アクティブ型としては、まず市場平均を上回りそうな個別株を選んで投資を行うことが挙げられます。個別株の選び方としては、割安株を狙う方法と成長株を狙う方法の2つが存在しています。どちらの投資法でも自分なりのノウハウを持っていれば、市場平均を上回るパフォーマンスを上げることは難しくありません。また、アクティブ型では株式などの売買タイミングを見極めることも重要となってきます。株式市場が堅調な時に個別株を買ってしまうと、高値掴みになってしまうことがあります。そのため、株式の買い出動をする時は、株式市場が軟調になっている時に行う必要が出てきます。しかし、株式市場が軟調になっていると、心理的に株式を購入することが難しくなります。それでもアクティブ型の運用では、勇気を持って株式投資をすることが大事となってきます。また、アクティブ型では株式市場が過熱気味となってきた際には、保有株を手放すことも選択肢となります。株式市場の高値圏で保有株を売り、また株式市場が下落してきた時に株式を買い戻すといったことが必要になってきます。さらにアクティブ型では国内の金融商品だけでなく、海外の株式などにも投資をすることも選択肢となり得ます。今後の高成長が期待できる国を対象とした株式などを購入することで、将来のリターンを高めることが可能となります。他にも新規公開株いわゆるIPOに狙いを定める投資法もあります。初心者でも利益が出しやすいのが特徴で、最新のIPO情報を紹介しているサイトもありますので参考にしてみると良いでしょう。

自分の投資はインデックス型?アクティブ型?

株式投資には大きく分けて二種類のスタイルがあります。それがインデックス型とアクティブ型と呼ばれるものです。投資信託では、どちらに該当するかが示されていることが多いです。インデックス型とは何かといいますと、まずインデックスとは指標のことです。何のことかというと、株式には、例えば日経平均株価とか、東証株価指数TOPIXのように、一つの銘柄ではなくて全体としての株価の値動きを示す指数がいくつかあります。そして、インデックス型の投資というのは、これらの指数のどれかに連動した値動きをするものを指します。端的にいうと、日経平均株価をインデックスとする商品に投資した場合、基本的には日経平均株価が上がれば利益が得られますし、下がれば逆に損失となります。一方でアクティブ型とは、単にそのようなインデックスに従った値動きではなく、それ以上の利益を目指そうとするものです。言ってみれば、インデックス型は、例えば日経平均が参照しているそれぞれの株式に単に機械的に投資すればよいだけのことです。基本的に、どの株式を買うかは日経平均を作っているところが決めたことに従うだけで、選択の余地はなく、やり方としては素人でもできることです。これでは人が考えて行うものとしては不満が残ります。ということで、インデックス型よりもさらに利益を上げることを目指したものです。もちろん、目指そうとするものであって、確実に利益が出るわけではありません。アクティブ型の投資では、どの銘柄を買うかを他人が決めてくれるわけではありません。自分自身が、さまざまな情報を判断したうえで決める必要があります。ある程度経済情勢などを勉強する気がないと、ちょっと難しいでしょう。

▼自分の投資のタイプにあった投資顧問を選びましょう
投資顧問を比較しよう!
▼株の投資で迷ったらこちらのサイトを参考にしましょう
株価予想