投資の収入科目について

最近の企業においてはサラリーマンにたいしては非常に厳しい視点で評価している点があり、現在のサラリーマンのお給料については常に評価される視点が大きく変わってきており、現在であれば年功序列制度年齢が高くなるにつれてお給料が上がっていったのですが、そうなるとほとんどの人たちが定年まで企業に居座り続けようとするため、企業としてもより若い人材を確保して、年齢がたてばたった社員ほど入れ換えていきたいという想いに反してきます。そこで、最近では成果主義というシステムを導入することで、より多くの人材にたいして平等に評価するというシステムが導入されたのですが、このシステム自体がサラリーマンの給料カットとして作用するようになり、優秀な人材でもなかなか評価されずにお給料が上がらないといった弊害がうまれてきました。そこで、最近ではこのような制度とならないようにするためにほとんどの企業においては退職金などを自分で運用することで社員に対して将来の自分は自分で守るように責任を転換するようになってきました。それが企業の思惑と、社員に対して投資を勧める企業側の制度の導入となっています。ここで、確定拠出型年金にかんしてはお給料などからの収入の科目については課税になるのですが、拠出先がそのまま収入より得られるため、非課税科目とすることができるのが大きな利点となっています。さらには、大きな点としては、投資によりうまれた利益に対しても非課税とすることができるため、非常に大きなメリットなります。通常ですと株式投資やその他の投資においても利益に対して税金がかかってくるのですが、確定拠出型年金にかんしてはそのような税金がかからないことにメリットがあります。